読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めろんぱんになりたい

日々の暮らしのこと

私にとってのキッチン

 

私はキッチンが好きだ。特に真夜中のみんなが寝静まった頃のあの場所が好きだ。

独り言を少し口ずさみながら冷蔵庫を開け閉めしたり、泡だて器でボウルの中のものをかき混ぜたり音楽を流しながら一緒に歌ってみたりとても幸せだと感じる瞬間がそこにある。

 

おいしいごはんやお菓子を食べるとき、人は幸せになったり、ぽろっと本音が出たりする。家族や友達、人と他愛もない話をしながらご飯を囲んで過ごすあの場所が一番好きなことに改めて気付いた。笑顔あふれる場所である。

 

私は3月から就活を本格的に始めた。しかし、「将来働く」を考え始めたのは大学1年生からだ。働く意味、何を自分はこれからしたいのかずっと考えていた。しかし未だに答えは見つかっていない。しかし、私の生活の中心となっているものは「音楽」「食」「自分が楽しいと思うことをする」ということはわかったような気がする。気がするだけで本当は違うのかもしれない。みんなが笑顔になれて私も楽しく生きれたらそれだけで幸せなのだと思う。

もし明日自分が死ぬことがわかったら私は何をするだろう。きっと私は私の好きな人たちとキッチンでおいしいごはんを食べたり、歌をうったったりするんじゃないだろうか。きっとすごく特別なことが幸せじゃなくて平凡な小さな幸せがきっと本当の幸せなのではないかと思う。

 

リクルートスーツを着て、髪を一つに縛って、好きでもないパンプスを履いて会社の1つの歯車になることに一生懸命になることが幸せなんだろうか。早く内定を決めて遊ぶことが幸せなのだろうか。自分の本当の幸せってなんだろう。最近すごく考えてしまう。したいことがわからないってよく思うけれど本当は自分自身とっくに気付いていてそれをする勇気がないだけなのかもしれない。自分にとって何が大切なのか夢中になれることなのかを探し続けようと思う。

 

先日母に救われた言葉がある。「あなたなら大丈夫よ、もしだめで失敗しちゃってもここに帰ってくればいいんだから。帰る場所はここにあるんだから。あなたを見捨てたりしないんだから大丈夫。いざとなったらお父さんが養ってくれるわ!ね?お父さん」

 

少し涙がでた。私は本当に家族に恵まれている。少しみんな変わってる所はあるけれど私はこの家が家族が大好きだ。胸を張って「これがわたしだよ」と言えるようにこれから歩んでいきたいな。