めろんぱんになりたい

日々の暮らしのこと

犬にもなれない私

久々に書きたいと思います。

昨日、近くの福祉施設で解放されているプールに行きました。ただなんとなくプールに行きたかったので行きました。

私は小学校時代から泳ぐのが壊滅的に下手で、クロールをしても、平泳ぎをしても不格好で溺れているような見た目の泳ぎしかできません。夏休みに泳げない子限定の補修を学校で受けたりもしました。泳げる人 is凄いという方程式がずっとありました。あんなに泳げて羨ましいな。気持ちよさそうだなぁといつもいつも思っていました。

犬かきも下手くそで犬以下の私なんだけれど、実は幼児期にプール習ってたんですよね(笑)辞めた理由は、鼻に水が入るのが嫌だからというしょうもない理由ですが...

でも、泳げないけれど水の中は好きです。水が肌に触れている感覚とか、水の中の景色とか音とかとても好きです。なんだろうなぁ、ちょっとくさい言い方をすると、自分一人の世界に浸れる感じが好きです!自分で水を感じて苦しくなったら空気を吸いに地上に帰る。生かされてるとも感じます。なので私は、一番好きな泳ぎ方(?)は潜水です。深く深く底に行って、息が苦しくなるまでずっと水の中に潜むあの感覚がたまりません。

 

話は戻って、プールに行ったんです。人は8人くらいしかいなくて伸び伸び水と戯れました。私は水の中で足をバタバタさせていたつもりなんですが、なんせ泳ぐのが下手なもんで外でばたばたしてたみたいなんですよね。そしたらおじさんに、「水しぶきが散るから隅のほうでやってくれ」と怒られまして...下手なんだから許してよ!とも思いましたがここは素直に従っときました。でもそのおじさん、その発言したあと帰っていったので「帰るならいいじゃんか!!!」とも思いましたけどね!!泳ぐためにきたのになんかもやもやしたままプールを終えたわけです。

 

普通ならプールという単語を聴けばアミューズ的な遊ぶ法のプールを想像するものかと思いますが、私はそちらは苦手なのでこれからもこちら側のプールに通いつめたいと思います。ダイエットできたら更に最高だな~。

 

ここまで読んでくれてありがとう 素敵な一日に!

 

 

広告を非表示にする